QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
cheeppurple
cheeppurple
よろしく!
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by だてBLOG運営事務局 at

2010年11月01日

『麺屋とがし』


雨のそぼ降る南光台。

遠い昔に誘われて。

ついに来ました「麺屋とがし」!



國分に会う度「とがし行こう、とがし行こう」と大分前からず~~~っと誘われてて、ようやく実現しました。



午前11時。4号バイパス沿いの東京インテリアで待ち合わせ、國分号に先導されいざ「とがし」へ。


10分後に到着。駐車場に車を止めるとお店の裏から従業員の方々が開店前の一服に。常連の國分に紹介されご挨拶。




お店の岩田さんと。





一番乗りの我々もお店の前で。



國分の読み通り、開店5分前には我々の後ろに雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ麺を求めて行列が。店のまん前に止まった車はなんと函館ナンバー!なんかワクワクして来ました。

食券を買おうとすると「ここは俺が!」同席した松島のセレブの分も出してくれました。デラックスカッコいい!!


スープは3種類から選び、セレブ「白(エビ)」
俺「黒(魚)」
國分「赤(スパイス)」の味くらべ大作戦!


自信の表れか厨房は我々の座るカウンターから丸見え。待つ間にも器はお湯で温められ、チャーシューは炙られ煮玉子はゆでたまごカッターで切られてゆく。。





ついに登場「とがしのつけ麺」!!!



太麺に絡みつく濃厚なスープ、熱々の炙りチャーシューと麺に乗ったほぐしチャーシューの競演、「ばあちゃん噛みきれねんでねぇが」と思うほどの厚切りメンマ。。。後は行って確かめてください。


半端じゃないのはその麺の量。並盛りで200グラム、中盛りは300グラム、それがなんと同じ値段。岩田さんにすすめられ俺と國分は中盛りを。

いや~大満足(⌒‐⌒)

お店を出て國分と分かれ、帰宅途中に直樹から「とがしいいな」メールが。

次は直樹とハードロックがかかるラーメン屋さんに行こうか。



國分ごちそうさま!

食欲の秋。



夜になってもおなかいっぱいのジョンでした。
  

Posted by cheeppurple at 22:51Comments(2)