QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
cheeppurple
cheeppurple
よろしく!
オーナーへメッセージ

スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by だてBLOG運営事務局 at

2011年05月09日

『兄貴』

昨日は久しぶりにチープのみんなに会う事ができて嬉しかった。詳しくは直樹のブログを(^-^)

そしてそして、その夜七ヶ浜の実家に居たのは四つ上の兄貴。地震以来やっと会う事ができました。母の日のカーネーションを横目に母親、兄貴、私の三人で再会の喜びを乾杯し、飲みながらいろんな話をしました。

兄貴の職場は仙台市内の中学校。津波はぎりぎり難を逃れました。

仙台東部道路のすぐ西側で、道路を挟み東側は津波被害の酷かった荒浜地区。

3月11日当日は中学校の卒業式で、無事式も終わりホッと一息「さぁて。車を家に置いてこれから仙台にでも飲みに行くかぁ!」と解放された時の出来事だったようです。

学校内に居たのは校庭で練習していたサッカー部員のみ。すぐに停電になりテレビは付かずラジオで情報収集。その間に近隣住民の方達が避難所指定されている学校へ続々と集まりその数約800名。明るいうちに備蓄食糧を体育館ステージへ。校庭に仮設トイレ設置。
アルファ米を水で戻し先生や生徒達と一緒におにぎりを握り、トイレ用の水をプールから運ぶ。

津波情報は低空飛行していたヘリコプターから「逃げろー!」の叫び声だったそうです。



母親は地震当日、津波被害の大きかった産業道路沿いの多賀城ジャスコへお買い物。直樹のお友達のとんかつ屋さん「とんちん館」がお気に入りで、その日は「とんちん館でランチを食べる!」って決めていたのに何故かお弁当コーナーの「海鮮ちらし」に心奪われ、食料品と一緒に買って帰り、家で食べ終えた後いきなり揺れが。急いで玄関の戸を開け押さえていたら「ばあちゃん。すぐ避難すっと!」と孫(兄の息子)が迎えに来てくれたそうです。



二人の七ヶ浜へ帰る道は大被害の産業道路。


飲んべえの兄貴を学校に残し、母親に海鮮ちらしを選ばせたご先祖さまと天国の父親に感謝。



告知をさせていただきます。

5月14日土曜日大阪万博記念公園で復興支援のイベントがあり大友康平さんで出演します。お近くにお住まいの方は是非ご参加ください。よろしくお願いします。

アイコさんのツアーが始まり沢山の皆様にパワーをいただいております。

今自分にできる事をがんばります。

ジョンでした(^-^)  

Posted by cheeppurple at 23:59Comments(5)