QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 17人
プロフィール
cheeppurple
cheeppurple
よろしく!
オーナーへメッセージ

2010年05月31日

悲しい・・・・

つい4日前ですか、とても悲しい出来事がありました。

今は訳あって一緒には暮らしていないのですが、1匹の犬が居たのです。
彼女の名前は「キキ」と言い、犬種はパピヨンです。

キキとの出会いは、とあるボランティアのサイトでした。
現在ペットブームですか、そのブームに乗ってペットを飼い出したのはいいのですが、
面倒を見切れなくなって、惨い事にペットを捨ててしまう飼い主が多いのです。

そんな捨てられた犬達を保護して、新たな飼い主を探す活動をしているボランティアの
方々がいらっしゃいます。
サイトを立ち上げて、犬達の画像をアップして、引き取って下さる方を探す。
勿論、直ぐに引き渡してくれるわけではありません。
犬達が保護されている敷地まで出向き、何回かふれあい、そして、最後まで面倒を見る
と言う確認がされてから、初めて連れて帰れます。
また、ウチに連れ帰ってからも、ホントにこれからず~っと一緒に暮らせるかどうかも
約1ヶ月かけて見極めます。

ウチの連れ帰ったキキは、新しい環境に当初、とっても違和感を感じ、部屋の片隅に
うずくまって微動だにしませんでした。ご飯も水も摂らない。どうしよう・・・・・
キキ自身、過去の体験から人間を信用していないのでしょう。でも、そんな人間ばかりではないと
分かってもらいたい。
時間をかけ、ゆっくりとゆっくりと自分を分かって貰うしかない・・・・・

たくさん話しかけ、たくさんスキンシップをし、たくさん散歩をし、一緒に寝て、一緒に
お風呂に入る・・・・・

その甲斐もあって、2ヶ月後には普通の生活が(犬としての)出来る様になりました。
トイレも直ぐに覚えたし、散歩も自分からせがむ様になったし、何よりも愛玩犬としての
自覚(?)も出てきたみたいで、「さあ、私を可愛がりなさい」的な態度もとる様になりました(爆)

それから数十年、一緒に楽しく暮らしたけど、この度12歳の生涯を静かに終えました。
少し前から具合が悪く、お医者さんの世話にはなってましたが、手の施しようが無くなった
との事なので、ウチに連れ帰り最後を迎えた次第です。

長い間、こんな俺の側に居てくれてありがとう、キキ。
暫くは落ち込んだ日々を過ごす事になりそうです・・・・・

Posted by cheeppurple at 00:40│Comments(3)
この記事へのコメント
お気持ちお察しします…

超アホな一部の人間の為に、辛い思いをして生きて行かなきゃならない、

動物は沢山居ます…
俺も何度も経験してますし…

ここで俺がカキコミをすると、かなり大変な長文になるので、短かく纏めますが、

犬や猫は”生ゴミじゃねぇんだよ!!
ふざけんな!

そして”キキ”ちゃんは、幸せだったと思います!
何年後かに、俺も携わった動物達も交え、

”虹の橋”で会う事になるでしょう。

形は無くなりましたが、
心の中では生きてます!

元気出して下さい!
Posted by パシリの山家(泣) at 2010年05月31日 07:28
キキちゃんのとってもキュートな写真。
この写真を見ているだけでも、泣けてきます。

うちにも7歳になるワンコがいますが、お別れのときを想像するだけで今から悲しいです。

ある時、こんなことを言ってくれた人がいました。
「今は、この世でちょっと会えなくなるだけだよ。
あちらの世に行ったら会えるんだから!」

私たちも、あちらの世に行くと「お帰り~!」と言ってみんなが迎えてくれるらしいですね(^^) 
姿は見えないけれど、キキちゃんはきっといつでもそばにいますよ(^^)
Posted by fumifumi at 2010年05月31日 23:16
記事を投稿したけど、名前を書き忘れました、イアンカト@坊です。

山家、fumiさん、メッセージありがとう。

そう、対岸で待っててくれるんだよね。
そのお話は、以前とある本で読んだ事があるよ。
もう涙が止まらなくてね・・・・

お二人の言葉、心にしみます・・・・
ほんとうにありがとう。
Posted by イアンカト@坊 at 2010年06月01日 00:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
削除
悲しい・・・・
    コメント(3)